ニキビ

にきびで悩んだ経験のある人は結構多いと思いますが、その原因や正しい対処法を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

思春期のにきび・大人のにきび

早い人では小学3、4年生から、おでこやこめかみ付近に白っぽいぶつぶつができて、それが赤く腫れたり、膿を持ったりします。
一昔前までは青春のシンボルといわれ、大人になると自然に治ると思われていました。
しかし最近は20代、30代でも増えています。
大人は頬からあごや首に出やすく、思春期に比べて治りにくい上、あとも残りやすい傾向があります。

原因は?

皮脂の出口である毛穴が詰まることから始まります。
詰まった毛穴にさらに皮脂が増えると、もともと毛穴に住み着いているニキビ菌が増殖、炎症を引き起こし赤いニキビに進展します。
ひどい人では複数のにきびがつながり、大きく腫れケロイドのようなあとになることがあります。
皮脂の分泌は性ホルモンの影響を大きく受けます。
男性ホルモンや生理前に増える黄体ホルモンには皮脂を増やす作用があります。
思春期や生理前に出やすいのはこのためです。
大人のニキビでは、ホルモンバランスを乱す大きな原因に生活習慣やストレスが関わっています。

治療は?

只今、最新の内容に書き換え中です。

もしもにきびができてしまったら…

いじらないことが鉄則です。
自分でつぶすとあとが残る原因になります。
マッサージも炎症を悪化させるのでやめましょう。
洗顔は優しく…といっても適切な力加減は実際やってみないと難しいので診察の際、アドバイスさせていただいています。
特にあごは目の周りに次いで皮膚がうすい部位です。W洗顔などの洗いすぎは禁物です。
過剰なお手入れ(基礎化粧品を何種類も使う)厚化粧(特にリキッドファンデーション+パウダーファンデーション)は毛穴をふさぐ原因となります。
化粧品ではにきびは治りません。お手入れはシンプルにしましょう。

ニキビ痕

●赤いニキビ痕(ざ瘡後瘢斑)

赤く腫れたニキビが治ったあと赤みが残ることがあります。
何も治療をしなくても、新たに炎症が起こらなければ赤みは時間の経過とともに数カ月で消えていきます。
できるだけ早く治したい、という場合にはフォトフェイシャル・ビタミンCイオン導入も行っております。

●凸凹のニキビ痕(ざ瘡後瘢斑)

「ニキビあと」とはニキビが原因でできてしまった傷跡(ざ瘡後瘢痕)のことで、皮膚がくぼんだり点々とつついたようにへこんでしまった状態です。完全に元の肌に治すことは難しいのですが、これらの症状の改善にもっとも有効とされているブリッジセラピーを行っております。